読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USHIGOYA

住宅、仕事、名古屋、子育て、、、など自身が関心があるテーマについてアウトプットしていきます。

年末年始に濃い振り返りをするための3ステップ

 

久々の更新になりました!


 

2015年も今日で終わりですね。
会社勤めの方は大型連休の方も多いかと思います。

 

旧友と再会して飲みにいったり、

実家でゆっくりしたり、

旅行に行ったり、、、、と過ごし方は様々でしょうが、

これだけ一年でじっくり時間がある期間もなかなかないでしょう。

 


この期間におすすめしたいのが、

『自身の振返りをする時間』をとること。

日常だとじっくり時間をとりにくい方もいるかと思いますが、

この連休は振返りするのに絶好の期間です!

 

そこで、今回は濃い振返りをするための3ステップをまとめてみました。

 

〇   〇   〇

 

 

1.『経験値化』する

 

それぞれに1年間様々な出来事があったと思います。

 

自分自身も、2015年は1つの節目の1年になりました。

100億達成という大きな喜びもありましたが、

会社の規模と責任が大きくなるに伴い、

今までの自身の働き方を大きく変えなければいけない、

ということを痛感した1年でした。

 


1年にあった「出来事」、言い換えるなら、

様々な「体験」をしてきたわけですが、

「体験」で終わるのか、

それともそれを「経験値化」するのか、では大きく差があります。

 

体験とは、ただ単にその出来事をやり過ごしただけ、という状態で、

経験値化された状態というのは、

その経験からの学びが整理され、

次の実行への仮説が出来上がっている状態をいいます。



「経験値化」するためには、

その出来事に対して、

なぜその結果だったのか、が明確に理解できている状態であり、

よい結果ならどうすれば再現性があがるか、

もっと良い結果にするにはどうすればいいのか、

が整理すること、

悪い結果だったなら、
何がだめだったのが、次やるならどうすればいいのか、

が整理することが必要です。

 

これは年末年始に限らず、常に重要なことですが、
時間があるこの時期は、みっちり「経験値化」するチャンスです。

 

まずはしっかり1年を振り返り、体験を経験値化する。

これが1つめのステップです。

 

 

〇   〇   〇

 

 

2.『流れ』を見極める

 

1年の振返りをした後は、

「これからどうするか」

を考えたいところですが、

その前にやっておきたいのが、

「流れ」

を見極めること。

 

皆、必ず何かしらの『流れ』の中にいます。

世の中の流れ、

会社の流れ、

家族の流れ、、、、などなど。 


少なからずそれは年々変化していくもので、

ずっと同じ流れということはあり得ません。


自分の『人生の船』の進路を決めていくとき、

その流れに逆らうような進路に舵をきるのか、

その流れをいかしながら、舵をきり進んでいくのか、

それによって、

どのくらいのスピードでいきたい場所にたどりつくか、がかわってきます。



だからこそ、

1年先、3年先、5年先、の自分にまつわる流れをイメージすることが大事です。


会社や上司から出ているメッセージ、発言などはそれを考える上でのヒントになると思います。

思い出しながら、今後の流れ、未来をイメージしてみましょう。


○   ○   ○


3. プランを拡げ、フォーカスする



最後のステップは、

『これからどうするか』

を固める内容です。


それぞれに少なからず自身の目指すビジョン、イメージがあると思います。

この1年を振りかえり、

これからの流れを意識した上で、

自身のビジョンを微調整する。



その上でそれに近づくために何ができるか、

とりえるアクションを洗い出していきます。


まずはなにも考えずにひたすら洗い出すのがいいと思います。

そして、洗い出した後、まず今から何をするか、をフォーカスしましょう。


洗い出しと絞りこみのメリハリをつけるのがポイントです。


大事なのは着実にひとつひとつアクションを積み重ね、変化していくこと。

洗い出して満足してはいけません。



○   ○   ○

 


振り返り、と一言にいっても、

考える内容や順序によって、

その『濃さ』は変わってくると思います。


年末年始、1日くらいでも振り返りの時間に当てて、

2016年のスタートダッシュをきる準備をするのもいいのではないでしょうか。


振り返りをする上での参考になれば嬉しいです!



では、皆様よいお年を!