読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USHIGOYA

住宅、仕事、名古屋、子育て、、、など自身が関心があるテーマについてアウトプットしていきます。

ブロック経営体制への移行


f:id:ushigoya:20161101091701j:image


前回、100億達成のその後について書きました。

 

昨期は126億の成長を遂げ、

その後、今期はどのように動いているのか。

 

 

 

今期のキーワードは、

「ブロック経営」。

 

 

全国の運営を複数のブロックに分け、

そのブロック内で様々なジャッジや、取り組みが決裁される体制です。

 

それまで、

様々な判断は部長、ないし、社長まで上がってくる、という体制でしたが、

一気に権限委譲を進めています。

 

三枝匡さんがミスミで、スモールイズビューティフルを合言葉に組織運営を提唱していますが、それに似ています。

 

 

 

よりスピード感をもった運営を狙っているのはもちろん、

各ブロック長が権限を持ちながら、経営数字に向き合うことで、経営視点をもった人材育成を進めるのもまた意図としてあります。

 

 

権限委譲、と口で言うのは簡単ですが、

若ければ20後半のブロック長もおり、

その年齢で10数億の資金を使って、事業運営をする、というのは、なかなかに思いきったことです。

そのブロックでの売上は優に20億を越えます。そういったブロックがいくつもあります。

 

 

当然、

ただ権限委譲して、任せる、

だけではなく、

どのように体制面でリスクテイクするか、

ルールとして制限するか、

など、先を見越して運営が安定的に行いやすいような打ち手を打っています。

 

 

 

 

実はこの案、

3年ほど前にも社長に提案していたのですが、その際は「まだ組織の人員レベルが十分ではない」、

という最終ジャッジでヤメとなった背景がある施策でした。

 

 

しかし、

その後100億を達成し、

昨期は実績だけでなく重要KPIも大きく向上したので、今期よりブロック経営体制に踏み切った形です。

 

正直なところ、同じ施策でも3年前にやっていたら、機能していなかったと思います。

なぜなら権限委譲に耐えうる現場力の不足、それを支える体制・ルールが不十分であったこと、が今ならよくわかるからです。

 

つくつぐ、様々な戦略・施策は、

いつやるか?であり、

「タイミング」の重要性を痛感しています。

 

 

 

 

権限委譲を活かせるだけの現場力、

ブロック運営を支える体制、

リスクをおさえたルール、

これがすべてかけ算になってはじめて機能しはじめるのだと思います。

 

 

 

まだ1年終わらないとよかったのか?は断言はできませんが、

今のところ機能し、リプライスの成長が加速しているのを実感しています。

 

 

 

いやー、

さらに、面白いフェーズになってきました!

 

まだまだ、進化していき、

会社と共に成長を楽しんでいきたいと思います!

 

 

 

 

レンタル礼服サービスがとても便利でオススメ


f:id:ushigoya:20161025224829j:image

 

礼服とかって、

あんまり使わないじゃないですか。

 

しかし、

結婚式の相手方によったり、お葬式であったり、必要なシーンもたまにありますよね。

 
 
とはいっても、
長年つかわないとメンテナンスも大変だし、いたんじゃうし、
サイズの変動とかもするだろうし、、、。
 
 
しかも、
その式の場所が自身がすんでいる県外とかだと、また移動がたいへん。
 
 
 
そこで見つけた便利なサービスが、
郵送でやりとりするレンタル礼服。
 
手軽で安く、
なかなか便利ですよ。
 
今日はそのサービスを少し紹介。
 
 
○   ○   ○
 
 
いろんなサービスサイトがありますが、
例えばこういうところがあります。
 
 
 
 手順としてはサイズを、選択し、送ってほしい場所を指定するだけ。
 
今回は長崎で使用する予定だったため、そちらに郵送してもらいました。
 
 
ビニールの包みでとどき、
中をあけます。
 
あけるとこんな感じ。
f:id:ushigoya:20161025230136j:image
フルセットで頼んだので靴、靴下、ベルト、ワイシャツ、ご祝儀袋、までついてます。
 
靴とか、持ち運ぶの、地味に大変なので助かります。
しっかり磨かれてました。
f:id:ushigoya:20161025231909j:image
 
スーツには、チーフもついて、いいかんじ。
f:id:ushigoya:20161025230107j:image
 
 
ワイシャツと靴下はちょっとしょぼめなので、別で用意したほうがいいかも。
f:id:ushigoya:20161025232056j:image
 
使い終わったら、所定の袋にいれ、
同封の伝票を張って、コンビニなどで郵送依頼するだけ。
 
とても簡単です◎
 
 
○   ○   ○
 
 
大体料金は安いものなら6000円前後から、
上記セットを頼めます。
もちろんサービスを探せばグレードが高いものもありますよ。
 
同じような悩みをお持ちでしたら、
一度試してみては??
 
 

中期目標100億達成、その後。


f:id:ushigoya:20161031065330j:image


 

以前に、

中期目標100億を達成した!

という内容をブログに書きました。

 

 

ただそれ以降、会社のホームページの「業績欄」の更新が滞っていることもあり、

各パートナー企業に、

「その後は、、、、(業績大丈夫??)」

と聞かれることがパラパラありまして、、、(笑)

 

今回はその後の動き、

また業績の報告を簡単にします。

 

 

 

2015年5月締めの期で、

自分が入社した2009年以来、かねてより目標にしていた「売上100億」を達成しました。

 

しかし、

前期から130%を越える飛躍的な成長の裏には種々の課題もあったのが現状で、

次の年はただ目標を達成するのではなく、

より質の高い組織運営をすることがテーマとなりました。

 

 

うちの会社のビジネスモデルは中古住宅の買取事業なのですが、

特に重視したのは在庫管理と回転率。

 

ストックビジネスなので当然といえばそうなのですが、

そのポイントとなる部分をいかに具体的なプロセスに落としこむかが重要であり、

それまで十分にできていない部分でした。

 

 

一部の部署は根本的に役割を見直し(部署の名前まで変えました)、

核となる業務の運営プロセスは大きく見直し、課題部分の強化を図りながら、1年間運営を続けてきました。

 

 

 

この業務運営プロセスの構築では、

若手社員の活躍もあり、期中に運営フローを具体化することができ、

期中にPDCAを回せたのは大きかったです。

 

 

 

最終的に在庫内容、回転率を大きく向上させた上で、

売上126億を達成し、

約120%の成長を続けています。

 

 

126億を達成した1年は、

事業の要点をおさえ、

具体化し、運営フローにのせることの重要性とインパクトを実感した1年でした。

 

そして同時にそれを創り上げ、

検証・改善を繰り返す組織の大切さと力を感じた1年でもありました。

 

 

 

そして今期、

成長を止めることなく、

さらに加速していっています。

 

まだまだ組織のポテンシャルは、

十分に発揮されてません。

 

もっと、

他の競合が到底太刀打ちできない、とあきらめたくなるくらいの、会社に。

 

 

今期の動きは機会があれば紹介します!

 

 

 

 

 

初めてのairbnb(民泊)体験、コスパがよくて大人数の旅行にはオススメ


f:id:ushigoya:20161026225428j:image

 

ずっと使いたいと思いつつ、なかなか機会がなかったのですが、

先日はじめてairbnb での民泊をしました。

 

 

今日は少しその内容を紹介。

 

 

場所は東京の水道橋駅から徒歩2分くらいのところ、

新卒で入った会社の最終面接が東京ドームホテルでやったなぁ、、、とか懐かしい思い出が蘇りました。

 

 

今回は四人で二泊の宿泊でしたが、普通にホテルとったら5万前後はかかるところ、

マンションの一室2LDK 丸ごと貸し出しで、

今回の料金は、2万5千円程度!

かなり割安感があります。

 

 

 

マンションは築年は結構古めの様子。

恐らく昭和50年程度でしょうか。

玄関前まで行くと横に銀色の郵便受け?があります。
f:id:ushigoya:20161026230148j:image

 

中には事前にホストさん(貸し主)とメッセージでやりとりしていた通り、

鍵ボックスが。

 

暗証番号をいれて、部屋の鍵を取り出します。
f:id:ushigoya:20161026230209j:image

 

 

入ってすぐのリビングはこんな感じ。

キレイにしてあって、おしゃれ!

リビングにはテレビ、wifi、あと部屋の使い方がのってあるファイルがありました。
f:id:ushigoya:20161026230229j:image

 

こちらはキッチン。

コンロ、ポット、あと食器類までしっかりあります。一部リフォームされてあって古くさい感じはぜんぜんしません。

なにより清潔にしてあります。
f:id:ushigoya:20161026230245j:image

 

 

リビング横にはちょっとしたテーブルも。

これがあるだけで部屋の使いやすさ、全然ちがいますよね。
f:id:ushigoya:20161026230319j:image

 

冷蔵庫、オーブントースター、

レンジ、といった家電も一式あります。
f:id:ushigoya:20161026230350j:image

 

布団もすでに敷いてくれていました。

照明がなにかとおしゃれ。
f:id:ushigoya:20161026230445j:image

 


棚にはタオルと、、、
f:id:ushigoya:20161026230603j:image

 アイロン、ドライヤーが。
f:id:ushigoya:20161026230649j:image

 

こちらはお風呂。

壁、床はリフォームされてなかったですが、浴槽は新しかったです。
f:id:ushigoya:20161026230628j:image

 

 シャンプーもしっかりあります。
f:id:ushigoya:20161026230805j:image

 

 

 

以上が全体像です。

 

全体的に気になる水回りはポイントでリフォームされていて、その他の箇所はDIYできれいにしている感じでした。

 

小物やら家具やらで、全体に統一感があって、部屋の雰囲気はいい感じです◎

 

建物自体はふるいですが、

部屋はきれいだったのでそんなに気になりませんでした。

 

 

あと嬉しかったのはホスト(貸し主)さんが、

細部に気遣いされているところ。

 

物干しや、、
f:id:ushigoya:20161029001137j:image

傘、
f:id:ushigoya:20161029001152j:image

 

冷蔵庫には水とインスタントコーヒー、
f:id:ushigoya:20161029001214j:image

 

ラップ類やビニール袋
f:id:ushigoya:20161029001250j:image

 

などなど、

地味にありがたい配慮が随所にありました。

 お金はかけてなくとも、

このように相手の心遣いを感じるのは嬉しいものです。

 

 

 

今回泊まる前は、価格がかなり安いし不安がありましたが、

とまってみると不都合なく、快適にすごせました!

 

価格をこえる価値を感じましたし、

大人数での宿泊なら、相当いいなとおもいました。

(今回の部屋なら丸ごと貸し出しなので、6名ほどまでなら同じ値段!)

 

 

Airbnbで事前にホストさんの口コミも見えるし、それらを見てから手配すれば大丈夫そうです。

 

 

また機会があれば利用してみたいと思います。

 

以外と東京だけでなく、全国いたるところに民泊はひろがっているようですので、

みなさんも旅行の際は一度airbnb をみてみては??

絶対外せないコミュニケーションの基礎フレームワーク


f:id:ushigoya:20161028003705j:image

 

「事実」と「解釈」を分けて認識し、

話せるか、行動できるか。

 

 

これは非常に重要なことです。

 

 

営業職ではありがちなのですが、

例えばあるメンバーがマネージャーに対して、某クライアントの商談報告に関して、

「このお客さんは今回のサービス導入しません」

と話したとします。

 

 

しかし、つっこんでみると、

お客さんはサービスを導入しない、といったわけではなく、サービスの内容をきいて、『それだと成果をあげるのはむずかしいんじゃないかなぁ』といっただけ、

といったことがあります。

 

つまり、事実

『それだと成果をあげるのはむずかしいんじゃないかなぁ』

といったことであり、

サービスを導入しない、というのは、受け手の解釈である、ということです。

 

これは似ているようで、まったく違うことです。

 

「成果をあげるのはむずかしいのでは?」

という言葉にはその背景、つまり、なぜそのように思うのか、その要因があるはずです。

 

それはもしかすると、

成果をあげるために、そのサービスをつかっても競合に勝てないことを懸念しているのかもしれない、

サービスを活用するための社内のマンパワーが足りないとおもっているのかもしれない。

 

いずれにせよ、

この場合、サービスを導入しないのではなく、何か理由があり、懸念をしているだけで、

商談の余地はある、ということです。

 

 

このように、事実と解釈の整理ができていないままコミュニケーションがすすむばかりに、

話がよくない方向にいくことはよくあります。

 

 

 

商談の話に限らず、

コミュニケーションにおいては、

人によってこの、事実と解釈がずれやすい人はいます。

聞いたことを自分なりに解釈しすぎて、話し手が意図した内容とずれた行動をしてしまいがちな人です。

 

そういうことじゃなかった、

とか、

そんなこといってないよ、

とか言われることがたまにでもある人は特に要注意です。

 

本人に悪意はなくとも、

きずかないうちに理解のズレが生じている可能性があります。

 

 

このよう人も、そうでなくとも、この事実と解釈は理解がずれる可能性は常にはらんでいるので、

話し手も、聴き手も、コミュニケーションでは意識的に聞いた内容の解釈を相手に確認する必要があります。

 

例えば、

「今、◎◎は◎◎とのことですが(聞いた事実)、それは××ということですか?(解釈を相手にぶつける)」

 といった具合です。

 

 

 

常に自分の中で、事実と解釈を整理すること。

解釈に懸念、不安がありそうなら、それを相手にぶつけ、解釈のすり合わせ・確認をすること。

アウトプットするときもこれらをわけて話すこと。

 

 

これはコミュニケーションの基礎として、

めちゃくちゃ大事です。