読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USHIGOYA

住宅、仕事、名古屋、子育て、、、など自身が関心があるテーマについてアウトプットしていきます。

牛牛牛牛牛牛牛牛牛嶋嶋嶋嶋嶋嶋嶋嶋 甘TT

 

f:id:ushigoya:20161024081031j:image

 

 

わたくし牛嶋という名字なのですが、

いつしか、この名字に産まれた意味を考えるようになりました。

 

 

うし、、

 

 

牛、、、、

 

 

「牛嶋で産まれたからには、

一生かけて、

牛(仲間)を集めるのが使命なのでは?」

 

いつしかそのような使命感を持つようになりました。それが18のとき。

 

それから14年、常に牛にはアンテナをはりつづけ、生きてきました。

 

Cow is my life.

 

 

本日はそんな風にして我が家に集合してきた牛たちを一部紹介します。

 

 

◼お土産、お菓子編

 

まずは、ウォーミングアップ。

定番のお土産、お菓子です。

スーパーは旅行先のお土産コーナーは定番スポット。

 

 

チロルチョコ牛。

ビッグサイズのチロルチョコ

なかには10個子チロル牛がはいってました。
f:id:ushigoya:20161024075441j:image

 

 

マグ牛。

うちのマグはほぼ牛です。絵柄もリアルからデザイン、時には取手がうしだったりします。
f:id:ushigoya:20161024075538j:image

 

 

コロン牛。

中にはコロンが入ってました。

コロンの形をうまく表現してます。
f:id:ushigoya:20161024075604j:image

 

 

 チョコ牛。

やや脱力系。
f:id:ushigoya:20161024080930j:image

 



 ◼生活用品編

身の回りの、生活用品にはたくさんの牛がいます。

 

 

まずは定番、キッチンミット牛。

これ以外にも3パターンくらいあります。
f:id:ushigoya:20161024075743j:image

 

鍵かけ牛。

これは非常にリアルで、お気に入り牛のひとつ。
f:id:ushigoya:20161024075759j:image

 

玄関マット牛。

いい味だしてます。
f:id:ushigoya:20161024075817j:image

 

 スパニッシュ牛。

おしゃれな闘牛をあしらってます。

鉛筆、ノート、時計のセット。
f:id:ushigoya:20161024080955j:image

 

 

◼素材編

 

お気に入りがおおい、素材編。

このあたりになってくるとハイレベル、かつたまらなくそそります。

 

 

nanoブロック牛。

組立に30分かかりました。
f:id:ushigoya:20161024075844j:image

 

球体パズル牛。
f:id:ushigoya:20161024075923j:image

 

藁牛。

真ん中のやつですね。これは竹で枠をつくり、紙で表皮をつけ、その上に藁をつけています。中は空洞なので持つと軽いです。
f:id:ushigoya:20161024075945j:image

 

レザー牛。

真ん中の茶色のやつですね。これ手触りがいいですよー。
f:id:ushigoya:20161024080001j:image

 

ぶりき牛。

小物をおけます。
f:id:ushigoya:20161024080027j:image

 

ぶりき牛2。

耳のバネがやられていることを理由に値引きしてもらい、引き取りました。
f:id:ushigoya:20161024080037j:image

 

陶器牛。

うん、よい質感。
f:id:ushigoya:20161025221301j:image

 

 

ストーン牛。

真ん中のやつですね。石でできてます。

重みがちがいます。
f:id:ushigoya:20161025222019j:image

 

 

◼小物編

 

遊びでも楽しめる、小物牛たち。

愛しさがね、とまらないです。

 

 

消しゴム牛。

かなりちっちゃいです。
f:id:ushigoya:20161024080126j:image

 ちなみにこれは、、、
f:id:ushigoya:20161024080141j:image

 くびがとれます。

かなり切ない見た目、、、

 

ちなみにこの子は、、、
f:id:ushigoya:20161024080747j:image

こんな遊び方ができます。

子供のシルバニアファミリーあそびでは、大活躍。

 

 

ミクロ牛。

となりのnanoブロックと比較すると、

その小ささは一目瞭然。
f:id:ushigoya:20161024080205j:image

 

豚牛。

もはやこれは牛グッズなのか、、、?

判断にまよった結果、とりあえず連れ帰りました。
f:id:ushigoya:20161024081142j:image

 

 

 

◼子供ウケ編

 

子供の身の回りにも沢山の牛。

 

 

パペット牛。

もちろんこの子たちは娘の友達です。
f:id:ushigoya:20161024080334j:image

 

脱力系牛。

肩にのせるといいかんじ。
f:id:ushigoya:20161024080343j:image

 

 お面牛。

結構怖い。この間これをつけて子供追い回したら、めっちゃ泣かれました。
f:id:ushigoya:20161024080356j:image

 

リュック牛。

子供の保育園バックにしてます。
f:id:ushigoya:20161024080546j:image

 

 

 

スペシャル編

 

牛のなかでも特に牛嶋が特別感を感じる牛です。

 

 

いにしえ牛。

なにかを守っている的な牛。
f:id:ushigoya:20161024081158j:image

 

絵画牛。

リアル画家の方よりいただきました。

うし、しま、です。おしゃれ。
f:id:ushigoya:20161024081214j:image

 

 

 

 

、、、、、

 

 

と、紹介しだすときりがありませんので、

このぐらいで。

 

 

これからも、生きている限り、

わたしは牛嶋としての責務を全うし続けます。

 

 

そしていままで牛集めに協力いただいたのに、

今回紹介できなかった皆様、

安心してください、

(みんな家で)元気ですよ。

 

牛の歯ブラシ、アイピロー、お皿、チョコ、手まり、ビン、箱、、、、

あらためて、ありがとうございます。

 

 

これからも、なにかいただけるときは、

牛をください。

そして、たまに嫌がらせで馬を持ってくる方、やめてください。

 

 

 

では、

最後に、我が家玄関を紹介。


f:id:ushigoya:20161024081304j:image

 
カウパラダイス!