読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USHIGOYA

住宅、仕事、名古屋、子育て、、、など自身が関心があるテーマについてアウトプットしていきます。

家を買うなら中古一戸建・中古マンションを断然おススメする3つの理由

f:id:ushigoya:20160102214918j:plain

 https://www.pakutaso.com

 

今、私は縁あって中古住宅を売主として売買する仕事をしています。

 

この仕事についてもう6年程になりますが、

つくづく思うのは、

「家買うなら中古を買うのがいい!」

ということ。

 

当然人のニーズによって当てはまらない人もいますが、

多くの人は新築を買うよりも中古を買う方がいい、

と心から思います。

 

本日はその理由を大きく3つ、

紹介したいと思います。

 

 

選択する、しないはもちろん個人の自由ですが、

その選択を「知る」ことなしに人生で一番大きな買い物を決断するのは、

いささかリスキーです。

 

知るのはタダ!

ぜひ一読ください!

 

 

〇   〇   〇

 

1.資産価値リスクが低い

f:id:ushigoya:20160102213007j:plain

https://www.pakutaso.com 

 

日本において、東京の一部市域や地方の一等地を除いて、

新築は買った瞬間、資産価値が減少します。

 

例えて言うなら、

3000万で購入した新築住宅が、

買った翌日に売ろうとしたら2700万でしか売れない、

というイメージです。

 

一般的な資産価値の減少曲線としては、

新築~5年で急激に資産価値が下がり

6~10年でやや緩やかになり、

11年~15年でさらに緩やかになり、

16年以降であまり下がらなくなっていく、

といわれています。

 

 

会社にいきなり転勤を言い渡される、

自身が親の介護をすることになり、実家に戻らないといけない、

といったライフスタイルの変化、

というのは今の時代よくあることかと思います。

 

新築を購入した場合、

先の例のような、下手をすると数百万損をしてしまう、ということが、

容易に起こりえる、ということです。

こういったケース、いままで幾度となく見てきました・・・。

 

逆にいうと中古の場合、そのようなリスクは低いです。

場所、金額をうまく見極めれば、

購入時より高く売れる事すらあります。

これは全く大げさではなく、そのような不動産は一定数市場に出回っています。

 

 

自身のライフスタイルの変化がどのように起こりえるか、

そして家の選択として、どれが自分にとって最適か、

慎重に考えることが不可欠といえます。

 

 

〇   〇   〇

 

2.高額なローンを組むことのリスク

 

f:id:ushigoya:20160102214618j:plain

https://www.pakutaso.com 

 

住宅を買う上で、「いくらくらいの住宅を買うのか」というときに、

まず考えるのが、

「どのくらいの金額ローン組めるの?」

ということ。

 

一般的に年収の5倍くらいは問題なく組めるといわれており、

それ以上でも全然借りれることも多いです。

 

銀行から、

「35年返済で月額8万円の返済ですよ」

なんていわれると、

「それなら全然大丈夫だな!」

とか思っちゃいそうです。

 

しかし、以下のような問いに完璧に答えられるでしょうか?

「35年間、今の収入かそれ以上をキープし続けられますか?」

「子供の成長と共に今後、支出は増えませんか?」

「誰かの体に何かあった時、十分なお金、リスクヘッジはできていますか?」

 

数千万という高額なローンを「月額」で見せられて、

大したリスクが無いように感じてしまうかもしれませんが、

数千万の借金をすることに変わりありません。

 

一度住宅ローンを組んでしまうと、

その支出を減らすことは非常に難しくなりますし、

変化への対応力は確実に弱くなります。

 

中古住宅であれば、

当然金額と内容にはよりますが、

金額をおさえることは十分可能。

 

今の賃貸の月々の支払より大きく減らすことすら可能です。

 

そしてそれが様々な変化への対応力になります。

こういった点でも中古は非常にオススメです。

 

〇   〇   〇

 

3.オリジナリティをリノベーションで出せる

 

f:id:ushigoya:20160102222519p:plain

 

 新築でだせるメリットとして大きいのは、

「自身の要望をかなえやすいこと」。

 

これは注文住宅に限る話ですが、

細かい仕様や色、など自身で決めることができるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

しかし、中古住宅を「リノベーション」するということは、

もはや非常に一般的になっています。

 

そういったサービスを提供している会社も多くありますし、

 100%ではないかもしれませんが、

間取、設備等々、ある程度の自身の要望を叶えることは十分可能です。

 

雑誌などでそのような事例が紹介されることも多いですし、

また、DIYも1つのブームになってきています。

 

むしろ、自身の好みでDIYするのは、

中古住宅の方がしやすいかもしれませんね。

 

 

〇   〇   〇

 

 

何を隠そう、自分自身も、

中古マンションを昨年購入し、リノベーションして住んでいます。

 

築15年程度で購入時価格では十分売却見込みがあり、

月額支払は住んでいた賃貸より2万程安くなり、

リノベーションして住んでいて、非常に今の住宅を気に入っています。

 

 

 

一生で一番大きな買い物といっても過言ではない「家」。

 

それを選択肢を考えることなしにいきなり、

「家買うなら新築でしょ!」

となる前に、中古での購入も一度検討してみては??

 

家を買うなら新築!といった雰囲気が日本にはありますが、

冷静にメリットデメリットを考えれば、

家を買うなら中古がメリットを享受できる人が多いと思っています。

 

 

願わくば、うちの会社でいかがでしょうか・・・?(笑) 

 

reprice.co.jp